インプラント治療

機器写真

インプラントとは

インプラントとは、主として純粋なチタンで製造された人工歯根を、歯がなくなった部位のアゴの骨の中に埋める手術を行い、手術してから3~6か月後にその人工歯根に人工の歯を装着する治療のことを言います。

アゴの骨と直接結合するタイプのインプラントは1965年から治療が始まり、最近では歯を失われた患者さんに人工の歯を入れる治療として、可撤式義歯(取り外しできる、いわゆる入れ歯のこと)やブリッジ(失った歯の両隣りの歯を使って最低3本の連続した冠を装着する治療のこと)とともに治療法の一つとして認められています。

インプラントの利点は取り外しの義歯を装着しなくてもよい場合があること、両隣りの歯を削らなくてもよいことなどいくつかあります。

インプラントを行うことが可能かどうかは専門的な診査が必要です。

当院ではより正確な診断を行うためのCTや、インプラント専用手術室を設けており、インプラント治療を専門的に行っています。

お気軽にご相談ください。


設備について

機器写真機器写真

 

 

 

 

 

   

     ≪インプラント専用手術室≫            ≪手術設備の一例≫                  ≪CT≫

虫歯や歯周病の治療と違いインプラントが必要になっている場所は歯がなくなっていますので、虫歯菌も歯周病菌もそこには住んでおらず健全な状態です。

インプラントを埋入した後も、手術前と同様にインプラント周囲に細菌が住んでいない状態が保たれている必要があります。

そのためには通常の治療を行うチェアーとは隔離された場所で、徹底した衛生・滅菌管理の下でインプラント埋入手術を行う必要があります。

当院では専用の手術室で、特別な教育を受けたスタッフがインプラント埋入に必要とされているプロトコールを順守して、手術を行っています。